離婚を科学する

探偵事務所の役割は依頼の調査のみすればそれだけでいい訳ではありません。浮気の実態を調査し始めると、想定の範囲外のトラブルが起きてしまうこともあります。そんな場合には、まず依頼者の立場を最優先に考えてくれるのが信用していい探偵と言うものです。信頼してもいい探偵なのかは、どのような対応をしてくるのかなどでよく考えて判断するようにしてください。

結婚している相方が、浮気しているときでも夫婦生活を続けていきたいのであれば浮気現場を押さえようとすることは避けましょう。浮気していることが明らかになってしまうとパートナーの感情を逆なでしてしまい、離婚を避けられない事態に陥る可能性を否定できません。しかも、浮気相手に直接関わった結果、ひどくイライラさせられてしまいます。

同じ電話番号の人から何度も繰り返し、また定期的に電話番号があるとしたら浮気相手と連絡をとっているという見込みはある程度間違いないと思われます。そうしたらその電話番号の相手が誰かということを突き止めるだけでいいのです。しかしパートナーの方が一枚上手ですと、浮気相手との電話が終わったら電話番号の履歴を毎回削除しているということもあります。

興信所と探偵事務所の違うところですが、別段変わりは無いと言っても言い切れます。双方とも、浮気調査、身辺調査、ストーカー対策や行方不明者の捜索みたいな類似した仕事をしています。ただし、どちらかを選ぶとしたら依頼は、企業や団体は興信所に、個人は探偵に頼るようです。

探偵に浮気調査を依頼して払う費用内容は「実費」と「時間給」の2つに分けることができます。実費とは具体的には交通費や写真撮影にかかる費用などですが、調査中の食費が加わることもあるようです。
妻 不倫
時間給は、人数×時間で計算した費用です。浮気調査を行う期間が短ければ請求額も少額となります。

浮気調査で先ずすべき事は、本当に相手が浮気しているかの調査です。疑問が確信に変わりきらないケースでは調査を続行するかどうか、この時点で決定されます。不倫相手の存在が確かになればここで浮気相手が誰かを探ることとなります。尾行によって勤務先のパートナーの行動を確かめたり、見張りなどの方法も用いて、浮気相手の姿・年齢・氏名などを証拠として押さえるのです。

日頃、相手の生活している様子を注意しながらみることはだれにも頼まずにできることですが、ごまかしきれないような浮気の証拠を押さえるのには、経験豊富なプロである探偵にお願いした方が安全、安心です。そして、探偵に頼むという事は、単に、浮気に関する証拠集めだけにとどまらず。豊富な経験から、様々な助言をもらえるということも、貴重なのです。